月別アーカイブ: 2013年6月

旋盤って

名前は聞いたことはあっても、旋盤ってどういうものなのかはよく分かりません。
調べてみるとどうやら切削加工する工作機械に1つだそうだ。

よく旋盤って、工業系の学校とかで授業でやったりしますよね。
未だに電動糸鋸とか、そういった振動する系の工作機械ってニガテです。

他の工作機械と同じ様に旋盤も使い方を気をつけないと、ケガをするので気をつけましょう。

種類も豊富で、目的や用途によって違いがあります。
大きさも人より大きなものから、卓上で使用するものまで、様々です。

http://www.mazak.jp/

バーコードソフト

ものづくりをしたら、販売をします。

その殆どの製品に使用されているといっても過言ではない、
世界中で使用されている、「バーコード」。

この小さなコードに本当に数多くの情報が詰まっています。

今では一般的に知られるようになり、
バーコードソフトなどというものも開発され、
簡単にコードを作成することもできるようになりましたね。

そんなバーコードの種類が今では沢山あることに驚きました。
普通のスーパーのレジでバーコードで商品を読み取って、
会計をするようになったのはいつ頃からでしょうか。

最初の頃は、レジの店員さんも慣れなかったのか、
読み取り用の機械も精度がそんなに高くなかったのか、
何度やってもピッと読み取れず、レジ待ちの列には人がどんどん増えて行き、
焦った店員さんはますますうまく出来ず、
挙句の果てはバーコードの数字を手打ちするなんて姿をよく見かけたように思います。

でも今では、研修中という名札を付けた、
慣れない風の店員さんでもそんな風にならないので、
きっと機械の精度があがったのでしょうかね。


中古板金機械を導入する

私はとある小さな町工場で事務員をしています。
事務員というかオフィスワーク全般をこなしているというほうが正しいかもしれません。

親戚の紹介でいまの職場に勤めています。
職場は和気藹々とした雰囲気でとてものんびり仕事をさせていただいております。
さて、この度うちの工場に中古板金機械が新たに導入されました。

何も板金機械自体を導入するのは初めてではないのですが、
古い機械だったので安全性を考えて新しいものに変えたのです。
古い機械を引き取ってもらったときに、社長が言うにはこの機械が導入されてから、
手作業だったものが簡単に出来るようになりだいぶラクになったと言っていました。

今度の機械はどれだけ工場の社員さん達の役に立ってくれるのか。

私のような下請け工場から、少しでも日本の活性化が図れたらと、
大きな志をもって日々、働いています。

まだまだ元気です。日本の製造業。

オリジナルTシャツを印刷してもらった。

オリジナルTシャツの印刷をしてくれるっていう会社を探しているんだよね。
今度、学祭でサークルのユニフォームとしてオリジナルTシャツを作ろうってことになったの。

でも、今の時期ってちょうど忙しいみたいでどこも時間がかかっちゃいそうなんだよね。
オリジナルTシャツを作るっていう案自体、結構後になって出た案だから、
こうなることはある程度予想済みだったとはいえ、ここまでだとは思わなかったよ。

多少割高になってもいいから、今すぐにオリジナルTシャツのプリンとをしてくれるところがないか、探しています。
誰かいいところ知りませんか?

一体超硬ってなんなんだろうか。

超硬って言葉を聞いたんだけど、工業系にかすりもしない私にはとんと縁のない言葉。
なんでもかたーい金属炭化物を粉末にして焼結して作る合金のことなんだとか。

って言われてもやっぱりピンとこないよね。
よく旦那が自分のやっている仕事について熱く語っているんだけど、正直半分も話聞いてないのよね。

そのときに話していたのが超硬らしいんだけど・・・。
とにかく硬いことが特徴らしいんだけど、私硬いっていうとついついダイアモンドとか想像しちゃうんだよね。

http://alloy-kogyo.com/

レーザー加工で作られたオブジェ。

先日、現代美術の展示会に行ってきたんだけど、そのなかのアクリル樹脂で作ったフィギュアの細かさにはビックリしたよ。
しかも、作品の解説を読んでさらにビックリ。

http://www.kotani.tv/

これって、レーザー加工によってオートで作ってくれるんだね。
なんでも、デザインをコンピューターに読み込ませるとオートでアクリル樹脂をレーザー加工してくれるんだってさ。

ワゴンサービスのバイトしてます。

近所のパチンコ屋のワゴンサービスブースでアルバイトしてます。
バイトを探すときに出来るだけ自宅の近くでそれなりの時給がもらえるものってことで、
バイト情報サイトで見つけたのが、今のバイト先。

元々そんなに規模が大きくないパチンコ屋だったから、
ワゴンサービスコーナーにもそんなに人がいなかったらしく、
週5で入れるって言ったら喜んで採用してもらえたよ。

今は、仕事にも慣れてきて常連さんと話たりなんかも出来るようになってきた。